第3回 Oculus Game Jam in Japan【東京目黒アマゾン会場】

2014-11-29(土)09:00 - 2014-11-30(日)21:00

会場 アマゾン・データサービス・ジャパンさま会議室 東京都目黒区下目黒1-8-1 アルコタワー19F

48人の参加者 soyliquid Daiki Sanekata Shinya Hayakawa Graham Weldon Nora urus_ 太田 将司 はいあっと hakata syyama Yuki Ishii えん まっつん◆SW1/SWF8io 猫塚 藤山晃太郎 Hideki Nakamura Toshiki  Ugai + 31人の参加者
申し込む

申し込み受付は終了しました。

参加費無料
“東京目黒アマゾン会場”“東京新宿ニフティ会場”“大阪会場”の3会場別々の募集ページになっています。

Oculus Game Jam
〜未来のゲームはここで創られる!〜

開催概要

Oculus Rift DK2がみなさんの手元にかなり行き渡りつつある印象が強くなってきました。
それではということで一年ぶりに Oculus Game Jamやりませんか?
企画提案書-SlideShare

 
二日間を通してグループでOculus Riftに関するゲームを作ります。
作るゲームは事前に応募したものから選択します。
※なお、年齢制限が必要なコンテンツ開発は厳禁です。

最後に各チームの制作したゲームを試遊してお開きとなります。

 

Oculus Game Jamとは?

  • いま話題のVR向けHMDである Oculus Riftを使ったコンテンツを開発するイベントです
  • 30時間という限られた時間内で見ず知らずのもの同士がチームを組んで開発します
    • 長時間を掛けて開発する一般的なワークフローを 30時間に凝縮しますので、得られる成果も大きくなります
  • 一般的な開発と同等であることからプログラマーさん以外のスキルを持つ方の参加も重要です
    • 『プログラマーじゃないから』と諦めているあなた!ぜひご参加ください
    • 3Dモデラーさん、デザイナーさん、企画屋さんも引っ張りだこですよ♪
  • Game Jam初心者さんや未経験者さんも安心してご参加ください
    • 必要なのは“やる気”“根気”“勇気”です。知識と経験はその3つがあれば補えます
    • もちろん事前に予習は必要です
    • Game Jam初心者さんや未経験者さん向けの説明会兼勉強会を10〜11月中に開催します

 

開催日時

2014/11/29(土)09:00~ 11/30(日)21:00

 

開催場所

今回は東京2会場、大阪1会場、沖縄1会場の同時開催です。会場の収容人数には限りがありますので会場別に参加登録をお願いしています。
この Doorkeeperは“東京目黒アマゾン会場”の登録を受け付けています。

目黒駅徒歩 5分
東京都目黒区下目黒1-8-1 アルコタワー19F
http://s3.amazonaws.com/Amazon-Office/Amazon_ArcoTower.pdf

 
他の会場の参加登録は下記リンク先よりお願いします!
東京目黒アマゾン会場(東京都目黒区)
東京新宿ニフティ会場(東京都新宿区)
大阪イメディオ会場(大阪市住之江区)
琉球大学会場(沖縄県中頭郡西原町)

 
会場の運営・進行支援のボランティアを募集しています。応募は下記リンク先よりお願いします!
東京目黒アマゾン会場(東京都目黒区)
東京新宿ニフティ会場(東京都新宿区)
大阪イメディオ会場(大阪市住之江区)

 

参加費

無料
※お名刺を 2枚お持ちください(入館手続き時に必要です)
 お名刺をお持ちでない方は当日受付時に本名・ご住所・電話番号などを受付用紙にご記入ください

 

1日目タイムテーブル

時間 内容
09:00 受付・入場開始
09:30 ルール説明、チーム編成
10:00 Game Jam開始
19:00 企画発表会

 

2日目タイムテーブル

時間 内容
09:00 一時帰宅者の再入場開始
10:00 一時帰宅者の再入場終了
13:00 中間発表会
17:00 Game Jam終了
17:15 発表会開始/試遊会・懇親会準備開始
18:00 試遊会・懇親会開始 (※欄外参照)
20:00 試遊会終了/撤収開始/現状復帰
21:00 完全撤収

※人数限定で試遊会の後半(19:00 ~ 20:00頃)に一般の方の体験を受け入れる可能性があります。
その際、一般公開の可否は Game Jamで組んだ各チームでお選びいただけるようにします。
一般体験希望は別ページで募集します。

 

ルール

前回のOculus Game Jamのルールの大半を踏襲します。

  • 作りたいゲームのアイディアは事前に以下の Google Docsに登録しておきます。

  • 1日目の朝に、アイデアをホワイトボードに張り出します。

    • 参加したいプロジェクトに自分の名前を書き込みます
    • 二人以上(非プログラマは含まない)の組が出来たら、開発を開始します
    • 同一プロジェクトに人数が集中した場合はチームを分割します
  • 年齢制限が必要なコンテンツ開発は厳禁です。

 

グループ

  • 基本的に2名以上一組で開発します
  • 非プログラマーとして参加する場合は、2名のグループにジョインして、全体で3名以上のチームとします

 

会場設備

  • 会場には就寝設備や仮眠設備はありません
    • 各自安眠できるような寝袋、アイマスク、耳栓などの持参をおススメします
  • 飲食可能ですが、ゴミは各自で片付けてください
  • 会場内は禁煙です
  • 会場の出入りの際(特に夜間)は会場提供企業さまの社員さまの同行が必要です
    • 「いつでもお気軽にお声掛けください」とのお言葉をいただいています

 

参加条件

  • お名刺を 2枚お持ちください(入館手続き時に必要です)
    • お名刺をお持ちでない方は当日受付時に本名・ご住所・電話番号などを受付用紙にご記入ください
  • Oculus Riftを所持していなくても参加可能です
  • 参加者は事前に必ずOculus VRの開発者登録を行ってください
  • 本イベントは夜間を通して行います。運営の都合上、満18歳以上の方に限定させていただきます。
  • 満18歳以上、満20歳未満の方は、pm21に自宅に到着できる時間までに会場を退出、朝は10時前後に  会場へ戻るという参加時間の制限を付けさせていただきます。

 

プレイアブルタイムについて

  • プレイアブルタイムは参加者が他の方のコンテンツを遊んで試せる時間です
  • 成果物の説明などのために必ず一名以上は説明担当として残ってください
    • ただし、全員が他のチームのコンテンツを遊べるようにするために必ず交代してください

 

協賛(会場提供)

組織名 協賛内容 企業紹介URL
アマゾン・データサービス・ジャパン株式会社さま 東京会場提供 http://aws.amazon.com/jp/
ニフティ株式会社さま 東京会場提供 http://mb.cloud.nifty.com/
公益財団法人 大阪市都市型産業振興センターさま 大阪会場提供 http://www.imedio.or.jp/

 

協賛(相談受付エンジニア出張)abc順

組織名 協賛内容 企業紹介URL
Kii株式会社さま Kii Cloudエンジニア http://jp-cloud.kii.com/
PhotonCloud運営事務局さま PhotonCloudエンジニア http://photoncloud.jp/

 

協賛(ライセンス提供)abc順

組織名 協賛内容 企業紹介URL
PhotonCloud運営事務局さま PhotonCloud 100CCUライセンス提供 http://photoncloud.jp/
株式会社クアッドアローさま 「ファイティングユニティちゃんモーション」3点セットを無償提供 http://ef-12.com/
ユニティ・テクノロジーズ・ジャパン合同会社さま Unity Pro フル(*)トライアルライセンス提供 http://japan.unity3d.com/

*: Unity Pro / Unity iOS Pro / Unity Android Pro版(いまから2014年12月31日まで有効)
*: 必要な方に個別にお渡ししますので後述のアカウントへDMください

 

共催 abc順

OcuBen(Oculus勉強会)さま
OcuFes(Oculus Festival in Japan)さま

 

主催・運営

OcuJam (Oculus Game Jam in Japan)
問い合わせはTwitterで @OculusGameJam へ DMか Mentionでお願いします。

 

備考

OcuJamは、Oculus Riftを始めとした VRデバイスを使ったコンテンツ創出の支援を目的とした取り組みである「学びの場 (OcuBen)」「作りの場 (OcuJam)」「ふれあいの場 (OcuFes)」として OcuFes・OcuBenと連携して活動をしています。

VR Game Jam in Japan


  • 過去のイベント
    19
  • メンバー
    523

カテゴリー